岡山モノポリークラブ

岡山モノポリークラブは、岡山市内を中心に「モノポリー」をプレーしている親睦団体です。

スポンサーサイト

  • 2016.11.23 Wednesday
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています

朝日新聞さんの取材を受けました

今日は、モノポリーナイトに朝日新聞の記者の方が来られて取材を受けました。

おかげさまでこれまでも、新聞、雑誌、テレビといろいろなメディアで岡山モノポリークラブの活動を取り上げていただきました。
だいたいいつもの取材の内容というのは、私がモノポリーにハマったきっかけとか、岡山モノポリークラブを立ち上げたいきさつとか、どれぐらい参加者がいるのかとか、ご当地版にかける思いなんかを聞かれてお答えするというのがパターンです。
こういう質問は、何度も答えているうちに自分の中でだんだんテンプレ化してきて、回数を重ねるたびにうまく喋れるようになってきた気がするんですが、未だに上手く答えられない質問というのがあります。

それは、「モノポリーの面白さってなんですか?」という質問です。

改めて聞かれると悩んでしまいます。
コンピューターゲームと比べたときのボードゲームの面白さというのは、なんとなく分かるんです。
人と人とが関わることで生まれる予想外の展開とか、心理的かけひきとか、なかなかコンピュータでは再現できない人間味のある部分がボードゲームの魅力ではないかと思います。

ところが、モノポリーの面白さ、というのは難しい。
数あるボードゲームの中でも、なぜモノポリーにこれほど入れ込んでいるか。

最終的な答えではないですが、今のところ私の中で出ている結論は2つあります。

ひとつは、双六のように運の要素の大きいゲームでもなく、将棋ほど実力の要素が大きいゲームでもなく、その中間ぐらいに位置する絶妙のバランスのゲームだということです。

モノポリーにももちろんテクニックがあって、そういうものを知らないよりは知っていた方が有利にプレー出来る訳ですが、かといってテクニックのある人が必ず勝つかというとそうでもなく、運だけで勝つこともあります。
でもやっぱり運だけで勝つことは難しく、交渉のテクニックはもちろん、戦略や投資のタイミングも考えていかなければなりません。
そういう、どっちともつかない、絶対的な勝者を生みにくいゲームバランスというのが魅力のひとつではないかなと思います。

もうひとつは、絶対的な勝者を生まないはずなのに、「もっともうまく勝つことが出来るはずだ」と思わせてしまう何かがあることです。
ゲームが終わった後の感想戦で、あの場面であの交渉をしたのがターニングポイントだったとか、あそこで家を増築したのが失敗だったとか、なんらかの反省点やコツのヒントみたいなのが出てきます。
そういう経験を重ねてくると、もっとうまくやればもっとうまく出来るんじゃないかと思わせてしまう何かがあるようなのです。

でも、突き詰めて考えると、やっぱりモノポリーは運。
いやいや、でも何か必勝法があるはず……という堂々巡り。

一言で言えば「奥深さ」ということなんですが、一筋縄では解決出来ないこういうジレンマが、モノポリーの魅力ではないかと、取材を通して最近は考えています。

新聞記事が掲載されたら、またこのブログでご報告します。

スポンサーサイト

  • 2016.11.23 Wednesday 00:07
  • -
  • -
  • -

コメント

取材のご対応、ご苦労様でした。

横で5名+バンカーでゲームのほう、楽しませてもらいました。
昨日の交渉の山はNさんがMさんからグリーンの3枚めを400+ライトブルー1枚で
手に入れたところだったと思います。
(交渉の言い回しが見事でした!)
Nさんがだいぶお金を節約できたことで、その後のグリーンへの家の建ちっぷりが
壮観でした。(最終的にはホテルも建設!)
Mさんはすでにイエロー独占の状態だったので、土地ではなくお金の要求に徹したほうが
良かったですね。次、がんばりましょう!

  • こーた
  • 2014/02/07 2014/02/07 7:44 AM

すいません。記事に関する感想をまったく書けていませんでした。

記事を読んでいて思い出したのが、以前読んだ本の中の記述です。
・土地を買ったり、家の建っている土地にとまらないようにする「鬼」のような運の持ち主。
・自分や相手が土地にとまる確率を冷静に分析できる「コンピューター」のような頭脳の持ち主。
これらを持っているような人が勝つような錯覚に陥ってしまいますが、そんな人はマークされて結局勝てなかったりしますよね。
その本では、かつては「鬼」でもあったし「コンピューター」でもあったけれど、今は「人間」だというプレーヤーが一番強いのではないかとまとめられていました。

「人間くさいゲーム」だから面白い、というのが僕の感想です。

  • こーた
  • 2014/02/07 2014/02/07 8:22 AM

こーたさん、コメントありがとうございます。
かなり盛り上がっていましたね。
グリーンにホテルが建つとはすごい展開ですね。

モノポリーでは、他のプレイヤーに嫌われないというのは重要な要素ですね。
モノポリー勝ちを狙いながらも、人畜無害なふりをするという、演技力も必要なのかもしれません。

  • 中尾
  • 2014/02/08 2014/02/08 5:46 PM

コメントする

 

この記事のトラックバックURL

トラックバック

岡山モノポリークラブは、岡山市内を活動拠点としてボードゲーム「モノポリー」をプレーしている親睦団体です。

岡山モノポリーナイト

毎週木曜日の夜に岡山駅前でモノポリーをしています。参加者募集中です。

岡山県版を作っています

自作の岡山県版を作ってプレイしています

最近の記事一覧

アーカイブ

最近のコメント

  • ゲーム三昧!大人の林間学校
    mai (07/28)
  • 岡山県版モモポリーVer.2初プレイ!経営転換が頻発する高度な展開に!
    中尾 (04/20)
  • 岡山県版モモポリーVer.2初プレイ!経営転換が頻発する高度な展開に!
    こーた (04/20)
  • 岡山県版モモポリーのカードを制作中です
    中尾 (03/20)
  • 岡山県版モモポリーのカードを制作中です
    こーた (03/20)
  • 物件を買わずにモノポリーに勝つことは可能か
    M (02/23)
  • 物件を買わずにモノポリーに勝つことは可能か
    中尾 (02/23)
  • 物件を買わずにモノポリーに勝つことは可能か
    こうた (02/23)
  • 物件を買わずにモノポリーに勝つことは可能か
    こうた (02/23)
  • 朝日新聞さんの取材を受けました
    中尾 (02/08)