岡山モノポリークラブ

岡山モノポリークラブは、岡山市内を中心に「モノポリー」をプレーしている親睦団体です。

スポンサーサイト

  • 2016.11.23 Wednesday
  • -
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています

芝生の上でボードゲームをしました。

天高く馬肥ゆる秋、です。
芝生の上でゴロゴロしながらボードゲームしたら気持ちいいだろうなーと思いついたので、Facebookでみなさんに呼びかけてみました。

実施日は10月12日、体育の日。
場所は西大寺緑花公園百花プラザです。

バーベキューとか面倒なので、ビニールシートとゲームだけ持ち寄る感じの、ゆるーい集まりです。 参加費も特にありません。

ゲームに飽きたら芝生でボールを蹴ったりできます。
子どもたちはどんぐりを集めたりして遊んでいました。ジャングルジムとかいろんな遊具もあります。

最初はこないだ買ったばかりの「Labyrinth(ラビリンス)」というゲーム。
盤面に敷き詰められたタイルをところてん方式で押し込んで迷路を変えていき、目的の財宝を集めていくゲームです。
プレイ時間は4人で15〜30分ぐらいの軽めのゲームです。

続きまして、こちらは「カタン」。

あと、「コヨーテ」というカードゲームもやったんですけど、熱中しすぎて写真を撮るのを忘れてました。
カードに書かれた数字を、他のプレイヤーには見えて自分には見えないように頭の上に掲げて、場全体の数字の合計を推測するゲームです。

お昼になったので、すぐ近くのマルナカにお弁当を買い出しに行きました。
ときどき吹く秋風が気持ちよいです。

楽しくゲームしてたら、なんだか小松左京の首都消失に出てくる雲みたいに、空がどす黒くなってきました。
これはヤバいかも……と思ってたら、案の定雨がポツポツと降り始めました。

なにはともあれ、大事なゲームが濡れないようにビニールシートで覆って応急処理をしつつ、近くのあずまやに活動拠点を移しました。

で、最後はやっぱりモノポリー。

夕方になるとさすがにちょっと寒くなってきたので、外でボードゲームするのはもう今月ぐらいが限界でしょうね。

途中参加、途中退席もありつつ、大人と子ども合わせて総勢12名の参加でした。
おつかれさまでした。

モノポリークラブランキング決定戦を開催しました

岡山モノポリークラブのいそっちです。
今年の日本選手権が終わって1か月。あいかわらず毎週モノポリーを楽しんでいる私たちですが、誰が一番強いんだろうねという疑問がありました。
モノポリーナイトでは1、2ゲームしかプレーできませんでしたので、休日に集まってとことんモノポリーを楽しもうということで、「岡山モノポリークラブランキング決定戦」を開催することにしました。

ルールは順位点制。
5人ゲーム:8点、5点、3点、2点、1点
6人ゲーム:8点、6点、4点、3点、2点、1点
モノポリー勝ちは2点プラス。
1ゲーム終了段階でプレーヤー間の投票によりそのゲームで一番効果的な交渉をした人をベストプレーヤーとしてプラス1.5点とする。

この日はいろんなボードを楽しもうということで、前ゲームで負けた人が次のボードを選べるというルールで実施。
岡山ではあまりプレーしてなかった會津版の図柄が好評でしたね。しかしクラシック版のシンプルさがプレーしやすく、後半3ゲームはクラシック版にて実施。

さて結果です!
ポイント1位はNさん! 得意の会話術を活かした交渉の手数のみならず、この日は1周目でダークブルー自力という幸運があったゲームもあり、第1回のランキング決定戦でランキング1位になりました!
Nさんは去年・今年の日本選手権地区予選にも出場してましたがあと一歩届かず。次回以降の大会でぜひ頑張ってもらいたいです。わたくしいそっちは残念ながら2位でした……。

この日は先日のモノポリー日本選手権全国大会に出場したTさんは残念ながら結果が振るわず5位。
逆接すると、今のメンバーはみんながTさん並みの交渉力やゲーム技術は身につけてきていると思います。来年以降の大会でぜひ岡山モノポリークラブの躍進を願いたいです。

そんなことを書いている私は実は転勤でしばらく日本を離れます。
しばらくは日本語でモノポリーできなくなりますが、現地の方々と英語でモノポリーを楽しめるぐらい語学の上達に努めたいと思います(幸い日本で発売している各種モノポリーには英語表記もありますから日本文化の紹介もできるかな? 当然現地版の購入もしますよ)。
まだしばらくは岡山におりますので、ぜひ岡山モノポリーナイトで「モモポリー」を一緒に楽しみましょう!!

山陽放送ラジオで岡山県版モモポリーをプレーしてきました

山陽放送ラジオの「朝です。全員起立!」に出演して、岡山県版モモポリーを紹介してきました。

番組が始まるのは朝の7時から。
6時半に山陽放送さんに集合ということなので、家を出るのは6時ぐらい。
生放送なので遅刻は厳禁です。
5時と、5時半と、6時にスマホのアラームを設定して、万全の体制を整えて寝たおかげでなんとか寝坊せずに済みました。

ここが山陽放送さん。
モモポリーのグリーンのマスにもなっている、岡山城の近くにあります。

守衛さんに通してもらって、さっそく局内へ。
放送開始までまだ時間があるので、進行などを打ち合わせします。

パーソナリティーは、山陽放送アナウンサーの宮武さんと小松さん。
ゲストとして出演するのは、モノポリークラブ代表のわたくし中尾と、副代表の西谷さんです。

7時になっていよいよ番組スタート。
番組の冒頭で宮武さんと小松さんがニュースや天気予報などを読み上げ、7時15分になると、ついに私たちの出番です。

宮武:小松ちゃん、突然ですけれども「モノポリー」って知ってる?
小松:モノポリー?トランポリンみたいなそういう感じですか?
宮武:(呆れながら)もうあなたの頭の中がトランポリンみたいになってるんじゃないでしょうか。世界的に人気のボードゲームのことです。
小松:あ、ゲームなんですか。
宮武:そう、ボードゲ−ム。家族みんなでね、サイコロ転がして遊んだりするのあるでしょ。
小松:すごろくとか?
宮武:そうそう!ポノポリーってアメリカ発祥のボードゲームでね、まあ詳しいことは今日の先生方に伺おうと思います。岡山モノポリークラブ代表の中尾さんと西谷さんです!

ということで、私たち二人を紹介していただきました。

まずは、さっそく岡山県版モモポリーの話題に。

宮武:中尾さん、モノポリーってどれぐらいの方が愛好されているんですか?
中尾:モノポリーはですね、全世界で5億人ぐらいの方が遊んでるボードゲームなんです。
小松:へー、じゃあ本当に人気のゲームなんですね。
宮武:その大人気のモノポリーを岡山県版にしちゃったんです!

というふうに岡山県版モモポリーを紹介していただいて、カラーグループの話題へ。

宮武:岡山の名所旧跡をボード化なさっていますが、選定基準とかあったんですか?
中尾:これはね、僕の好みですね(笑)。
宮武:「吉備津神社」とか「牛窓」とかありますけど、これは全部中尾さんの好みでボード化したと?
西谷:好みは入ってますけど、モノポリーのマス目っていうのは意味があるんですよね。ここは高級な地域とか、ここは安いけどあまり止まらない地域とか。そのイメージに合わせてあるんです。
中尾:ダークブルーっていう色がついている土地が2つあるんですけど、ここは盤面の中で一番高い土地なんですよ。一番高い土地に岡山の資産の中で何を載せる?となったら、これは国宝2つしかないですよ。
宮武:あー、だから国宝の「吉備津神社」と「旧閑谷学校」を選んだわけなんだ。

ここまでは順調に岡山県版モモポリーの紹介をしていたんですが、宮武さんが意地悪な質問をしてきて困りました。

宮武:ちなみに中尾さん、このボードゲームの中では一番「チープ」なものは何でしょう? 
小松:言っていいんですか、それ!
宮武:いや、このボードゲームの中では、ですよ!
中尾:一番安いのはブラウンっていうカラーグループで「牛窓」と「日生」ですね……、すみません!すみません!
宮武:これは謝るしかない!これはもう絶対に高いところと安いところがないと、ゲームとして成立しないから!
宮武:あえて「牛窓」と「日生」をブラウンにしてるのは、なんでなんですか?
中尾:自然のね、瀬戸内海の牧歌的なところなんで……。
西谷:スタートから近いところなんで、「身近なところ」ということで。
一同:(なぜか妙に納得)
宮武:西谷さん、もうあなたは、岡山モノポリークラブのいい潤滑油ですね!
西谷:代表が毒舌なんで!

リーズナブルとか、コストパフォーマンスが優れているとか、他の言い方があると思うんですが、「チープ」という言い方は、番組を盛り上げるために、きっとワザとですね。
しかし、そこへ西谷さんが不思議な論理展開のアシストをして、なんとか事なきを得ることができました。

さて、いよいよ番組も中盤にさしかかり、実際にラジオの中でモノポリーをプレーしてみることになりました!

宮武:さあ、ここからは実習にまいりましょうか。ということで、モノポリーやってみよう!
中尾:ラジオでサッカー中継するのも山陽放送の前衛的な姿勢を表していると思いますが、ラジオでモノポリーするのもなかなかのもんですよ。
宮武:これね、描写をしっかりしていかないと、ラジオをお聴きの方になにも伝わらないと思いますよ。

本当にその通りです。
ラジオはテロップもありませんし、しかも今回は生放送なので編集もできませんから、そんな中でモノポリーの面白さを伝えられるかどうか、これはかなりチャレンジングなことです。

まずは私の手番からスタート。

中尾:じゃあまずは私からサイコロを振りますね。じゃあ、2で「鬼の城(ライトブルー)」です。これは自分の土地なので何も起きないですが、ゾロ目だったのでもう一回振れます。
宮武:え?そうなんですか?それ今作ったルールじゃないですか?
中尾:いえいえ違いますよ(笑)。

続いて、出目は3・4の7で、「伊部・備前焼(オレンジ)」のマスへ。
これは宮武さんが持っているマスだったので、14ドルを支払って私の手番終了。

続いて西谷さんの手番。
出目は4・5の9。
「ジャージー牛(公共会社)」のマスは、まだ銀行にあるんで150ドルで購入。

次は小松さん。
出目は6・4で10。
「八丈島見学」なので何も発生せず。

次は宮武さん。
出目は1・2で3。
さっき散々disった「日生(ブラウン)」を60ドルでゲット。

さあ、ここまでは順調。
ゾロ目、レンタル料の支払い、物件の購入と、様々なシチュエーションをやって、手番も一巡したところでいよいよ「交渉」をラジオでやってみます。

西谷:あの、小松さん、温泉は好きですか?
小松:温泉大好きです!
西谷:お、ちょうど良かった。私は湯原温泉(イエロー)を持ってるんです。小松さん、湯郷温泉(イエロー)と奥津温泉(イエロー)を持ってるので3枚揃うじゃないですか。3枚揃うと旅館が建てられるんです。
小松:買えるんですか!ぜひ!
西谷:その代わりに、オリエント美術館(ライトパープル)と造山古墳(ライトブルー)を譲ってくれませんか。
小松:え、2枚譲るんですか。
西谷:でも、こっちの方が価値が高いですよ。それにここに旅館が建てられるんです。
小松:建てたいです!交換します!交渉成立!
宮武:これがね、吉と出るか凶と出るか。
小松:ウフフ。

ひとまず交渉成立。
イエローの資産価値を説く交渉ではなくて、温泉が好きかどうかという交渉でしたが、まあそれは良しとしましょう。
そして小松さんは、イエローに家を2軒ずつ合計6軒を建てました。
さあ、このイエローに誰かが止まって盛り上がれば、今回のラジオ放送は大成功と言えます。

そして次の手番は私。
私のコマ位置はイエローの手前のオレンジです。

中尾:さあ、家が建ちました!
宮武:僕より先にマイホーム建てやがったな!
小松:お先に失礼します(笑)。
中尾:次の僕の番なんで振るんですけど、僕の手前に家が建ったんですよ。10と11が出ると、いま家が建った場所に止まっちゃうんで、そこには止まりたくない。

と十分にネタ振りをした上で、サイコロに念を込めます。
念の込め方はいつもと逆です。いつもは家に止まりたくないですが、今回は止まれ止まれと念を込めます。
10か11が出る確率は36分の5。13.8%です。6や8が出る確率と同じです。

出目は……、1・2の3。
残念、盛り上がりに欠けたまま私の手番は終了。

次に、西谷さんの手番はチャンスカードに止まり、「みんなにお土産のきびだんごを振る舞う。各プレイヤーに50ドル支払う。」を引いたところで、番組ディレクターから時間がないのでプレーを終われという指示が出ました(という設定)。

ということで、私がイエローに止まっていれば最高の展開だったのですが、サイコロ運を発揮できずに中途半端な展開になってしまいました。
でも楽しくおしゃべりしながらモノポリーが出来たので、面白そうな雰囲気は伝わったように思います。

番組最後では、モノポリー日本選手権の地区大会に岡山モノポリークラブからも出場するという話や、今年の秋にマカオで開催される予定の世界大会の話題になりました。

※まさかこのとき、岡山モノポリークラブからの出場者が全国大会への出場枠を獲得するとは思っていませんでした。高橋さん、おめでとうございます!

さて、やはりさすがにラジオでモノポリーのすべてをお伝えするのは無理がありましたが、モノポリーのワイワイ感は伝わったのではないかと思います。
何よりやっぱりラジオでおしゃべりするのは楽しい!また機会があれば呼んでください、山陽放送さん!

高橋さん、日本モノポリー選手権全国大会出場!

岡山モノポリークラブの高橋さんが、2015年度モノポリー日本選手権近畿地区大会において、全国大会の出場枠を獲得されました。
おめでとうございます!

本日、大阪で開催された2015年度モノポリー日本選手権近畿地区大会において、高橋 潤一さん(写真左)と山本 尚意さん(写真右)のお二方が見事選手権出場枠を獲得されました。おめでとうございます!

Posted by 日本モノポリー協会 on 2015年5月3日

山陽放送ラジオ「朝です。全員起立!」に出演します

4月24日(金)の午前7時から放送される、山陽放送ラジオ「朝です。全員起立!」に出演して、モノポリーを紹介することになりました。

モノポリーってどういうゲームなの?とか、現在実施中のモノポリー日本選手権地区大会や開催予定の世界選手権のことなどをお話しようと思っているのですが、実際に番組の中でモノポリーをプレーする予定です。

「朝の7時からラジオでモノポリーをする」

さて、そこから何が生まれるのでしょうか。
私の予想が正しければですが、ラジオでモノポリーをしたところで、聴取者には何も伝わりません。
おそらくサイコロの音が聴こえるだけでしょう。

かなり前衛的な放送になると思います。
モノポリー界に伝説が生まれる瞬間を目の当たりにしたい人は聴いてください。

ラジオのない人はスマホやPCでも聴けます。

岡山モノポリークラブは、岡山市内を活動拠点としてボードゲーム「モノポリー」をプレーしている親睦団体です。

岡山モノポリーナイト

毎週木曜日の夜に岡山駅前でモノポリーをしています。参加者募集中です。

岡山県版を作っています

自作の岡山県版を作ってプレイしています

最近の記事一覧

アーカイブ

最近のコメント

  • ゲーム三昧!大人の林間学校
    mai (07/28)
  • 岡山県版モモポリーVer.2初プレイ!経営転換が頻発する高度な展開に!
    中尾 (04/20)
  • 岡山県版モモポリーVer.2初プレイ!経営転換が頻発する高度な展開に!
    こーた (04/20)
  • 岡山県版モモポリーのカードを制作中です
    中尾 (03/20)
  • 岡山県版モモポリーのカードを制作中です
    こーた (03/20)
  • 物件を買わずにモノポリーに勝つことは可能か
    M (02/23)
  • 物件を買わずにモノポリーに勝つことは可能か
    中尾 (02/23)
  • 物件を買わずにモノポリーに勝つことは可能か
    こうた (02/23)
  • 物件を買わずにモノポリーに勝つことは可能か
    こうた (02/23)
  • 朝日新聞さんの取材を受けました
    中尾 (02/08)